高速道路の無料化

高速道路の無料化が実施され始めてから、車でレジャー施設に訪れる人が増えたり、高速道路が渋滞したりするのが話題になっています。

 

そもそも高速道路無料化とは、民主党が2009年の衆議院選挙のマニュフェストで「高速道路の原則無料化」を明言したことに由来します。
それ以前にも、土日祝の普通車以下の車を「上限1,000円」の実験が行われていました。

 

そして2010年2月、国土交通省が6月からの全国の高速道路37路線で無料化の社会実験を開始すると発表しました。
それと同時に、高速道路に「上限1,000円」に代わる新たな上限料金制度も発表され、これが国土交通大臣の反発によって一時、高速道路無料化も延期されるのではという見方もありました。
しかしなんとか高速道路無料化の社会実験はスタートしたのです。

 

実際に車に乗るユーザーにとって、高速道路の無料化を歓迎する人、歓迎しない人の両方がいるかと思います。
今回実施されている無料区間も、当初の予想よりかなり少なく、しかも首都圏や関西などの都会に住む人々にとってほとんど恩恵はありません。
果たして高速道路の無料化における社会実験はどういった結果を生み出すのでしょうか、今後も注目が集まります。

高速無料のメリットデメリット

高速道路無料化の社会実験が、2010年6月から始まりました。
特に週末や夏休み、その無料実施区間において、これまでより何倍もの車の交通量を記録した場所も少なくないようです。
車でレジャーに向かう際、やはり料金が無料というのはかなり大きいと思われます。

 

しかし、高速道路の無料化における影響は早くも出ています。
高速道路無料化には、メリットだけではなくてデメリットもあるのです。

 

まず、高速道路無料化のメリットは、物流コストを減らして物価を下げたり、地方経済を活性化させたりする効果があります。
普段、なかなか足を運ばなかった地方に、車で手軽に行けるようになると、レジャー施設や道の駅、飲食店などがにぎわい、かつての活気を取り戻すことも。

 

一方、デメリットはというと、車でその場所に行く人々が増えるということは、他の公共交通機関に影響を及ぼします。
フェリーや鉄道、長距離バスの利用者が減少するからです。
実際、無料化による現象はすでに出ており、以前の普通車の「上限1,000円」の際から廃業に追い込まれたり、国に支援を求めたりする動きも見られます。